ピアノ発表会で花束を渡すタイミングはいつ?運営側・出演者からみた花束マナー事情

 

「発表会のときって、花束はいつ渡すの?」

知人や友人のピアノの発表会に招待されたとき、出演者の方に花束などのプレゼントや差し入れを用意することってありますよね。でも、いざプレゼントを用意しても、いつ・どのタイミングで渡すものなのか心の準備ができないと不安なこともあると思います。

この記事では、ピアノの発表会でのプレゼントや差し入れの渡し方に関する疑問の解決方法を紹介します。

わたしはこれまでに

  • 発表会を運営する人
  • 発表会に出演する人

という立場で発表会を経験することもありました。なので、一般的なイメージの話ではなく、運営側や出演者の事情を踏まえた上で「わたしだったらこうするなぁ」というアイデアを提案します

 

やっぱり発表会で花束をもらえたら嬉しい

 

発表会の定番プレゼントというと、花束ではないでしょうか?

発表会で花束を渡すタイミングとして望ましいのは

  • 出演者の演奏が終わったあと、休憩時間にホールのロビーなどで直接渡す
  • 受付で花束を預けて、スタッフの方から渡してもらう
  • 演奏会が終了したあと、ホールのロビーなどで直接渡す

以上の3つです。

たまに、演奏が終わったあと舞台上で出演者が拍手を浴びているときに、客席から花束を贈呈するという渡し方をイメージされる方もいるかもしれませんが・・実はこれって発表会という場ではマナー違反になってしまう行為かもしれません

 

知っておきたい!ピアノ発表会の暗黙のマナーとその理由

ピアノの発表会には、「詳しい注意書きはないけれど、守ってほしいと思われているマナー」があります。ここでは発表会の贈り物に関するマナーとその理由をいくつか紹介します。

 

舞台上にいる出演者に花束を渡すのがマナー違反なのは、発表会を円滑に進行するため

たくさんの出演者がいる発表会では、演奏が終わったあとに舞台上で拍手を浴びている出演者に対して、客席から花束を渡すのはマナー違反と思われてしまうことが多いです。

理由は、発表会の進行を妨げてしまうからです。

これはどんな発表会にも共通して言えることだと思いますが、発表会を主催している側としては、発表会が始まる前のピアノの調律の時間・リハーサルの時間・出演者の演奏時間を計算した上で、発表会を運営しています。

仮に、演奏後に花束を渡す行為がおこなわれたとして、それが1人だけであれば、わずか1、2分ほどのささやかな時間のように思えるかもしれません。ですが、出演者全員が同じことをしてしまうと、それだけ多くの時間がかかってしまい、結果として発表会全体の進行を妨げる行為になってしまうというわけなんです。

招待してくれた出演者に迷惑がかかってしまうことにもなりかねないので、演奏直後に舞台上で花束を贈呈することは避けるのがマナーです。

 

受付で「花束などは預けるように」と促されるのは、演奏を楽しむための配慮

発表会の会場に受付がある場合、受付で出演者に贈るプレゼントを預けることができます。

「花束などのプレゼントは預けるように」と張り紙がしてあったり、花束を持っていると預けるように言われることもあり、預けることはひとつのマナーと考えられることもあります。

で、でも・・

「せっかく持ってきたプレゼント、自分で直接渡したいのになんで預けるの??

と思いませんか??

でもこれ、実は演奏を心地よく楽しむための配慮だったりするんです。

なぜ受付に預けることが演奏を心地よく楽しむための配慮になるのかというと、大きな花束やプレゼントを会場内に持ち込むと

  • 座席でかさばって邪魔になってしまう
  • ラッピングがこすれる音が周りの方の迷惑になってしまう

というマナーに背く出来事が起こってしまう可能性があるからです。

演奏を聴く観客として、もっとも大事なマナーは「音」に配慮することなので(参照|はじめてのクラシックコンサート!聞かなきゃ教えてくれないマナーと注意点)、受付では大きな花束やプレゼントは預けるように促されます。

あまりにも大人数の発表会の場合は、会場を使用できる時間の都合で「プレゼントは預けるように」と言われるケースもあります。

 

受付に預けたプレゼントは出演者に手渡しできない・・!?

発表会の会場で受付にプレゼントを預けた場合、プレゼントは出演者本人に手渡しできないものだと思ってください。

主催者によっては「受付で預かっているので、渡すときに取りに来てください」という意味で預かってもらえることもありますが、「預かったプレゼントはあとでスタッフから渡しておきます」という意図で預けるケースが多いです。

なので、出演者に直接プレゼントを渡したい場合は、かさばる大きなプレゼントを避けてコンパクトなものを用意し、演奏が終わったあとの休憩時間や発表会終了後のタイミングに、ロビーで手渡しするのがおすすめです

花束以外のプレゼントのおすすめは>>「演奏会の差し入れ鉄板3選!音楽家がオススメする失敗しない差し入れの選び方」で紹介しています。

 

どうしても手渡したい場合は

どうしても大きな花束を直接手渡したい!という場合は、受付で預かってもらうときに「発表会が終わったあとに直接渡したいのですが・・」と聞いてみるのもひとつの手です。

決まりでダメだと言われたらダメですが、対応してくれるケースもあると思います。

 

まとめ|花束を贈るなら受付に預けるか、小ぶりなものにしてロビーで渡そう

発表会で出演者に花束などのプレゼントを渡すときは

  • 発表会がはじまる前に受付にプレゼントをあずけ、受付さんから本人に渡してもらう
  • 出演者の演奏が終わったあと、休憩時間か発表会終了後にロビーで直接手渡しする

というタイミングがおすすめ。

今回紹介したマナーやルールは、どれも「たくさんの出演者・お客さんが演奏を楽しむため」の気遣いです。

 

こんな記事も読まれています

お花はお祝いごとにもふさわしいのでとっても人気の高い贈り物ですが、手配に手間や時間がかかるプレゼントです。急なお誘いや花束の手配が難しい場合は、お花以外のプレゼントという選択肢もあります。

演奏会の差し入れ鉄板3選!音楽家がオススメする失敗しない差し入れの選び方

コンサート・演奏会・発表会の差し入れメッセージで使える文例